私は競馬を趣味としていますが、ギャンブル性はそれほど高くないと感じています。小遣いの範囲で行えて楽しいです

競馬というギャンブルについて
競馬というギャンブルについて

競馬というギャンブルについて

私は今から10年前に初めて競馬を友人の勧めで一緒に競馬場に行き行いました。
それまではギャンブルはした事がなく、正直怖い印象がありました。
お金がいくらあっても無くなってしまうという強い印象があり抵抗がありました。
いざ友人からやり方を教えてもらい、100円だけ馬券を購入する事にしたのが始まりでした。
その馬券は外れてしまいましたが、100円からかけられて、レースなどを見るのがこんなにドキドキして迫力があるものなのかと感動しました。
それから何度か週末になると友人と出かけるようになりました。
負けても1日2000円程で掛け金を1レース200円までと決めていました。
当時はアルバイト生活でしたのでお金に余裕はなく、小額で勝負していました。
今では社会人になり、毎月小遣いの範囲内で趣味として競馬を楽しんでいます。
始めたころとは違い、新聞などを購入して自分で馬の情報を調べ、予想したりしています。
会社の人も競馬をしている人が多く、週末になると競馬の話で盛り上がったりしています。


私は主に、複勝やワイドを購入しています。
配当金は少ないのですが、複勝は3着以内に自分の選んだ馬が1頭はいれば良いだけなので当たりやすく、またワイドは3着以内に2頭入れば良く、買いやすく複勝に比べて数倍配当金が高くなっているため魅力があり買っています。
1着から3着まで順番をすべて当てるものは配当は高く、多い時で100円が何百万円、何千万円になることもあり、凄く魅力的ですが、なかなか当たるものではなく現実的ではないために、買わないようにしています。
毎月小遣いが三万円ですが、少しでも増やせるよう楽しみながら毎週予想しています。
最近は携帯電話でも購入できるために、家族の時間を大切にしながら出来、環境は良くなったと思います。
これからも、趣味の範囲内で楽しんでいけたらと思っています。
子供にもぜひ実際に走っている馬を見せてあげたいと考えています。

Copyright (C)2014競馬というギャンブルについて.All rights reserved.